日本の歯科技術の変遷

日本の歯科技術の変遷

明治時代になって日本が欧米に対して門戸を開いた時期に歯科技術の面においても西欧の進んだ近大的な技術を取り入れてきました。
しかし、日本の歯科技術が最も近代化されて現代の歯科技術に近いものになったのは第二次世界大戦が集結した後に戦勝国であるアメリカの指導のもとで日本の医療や歯科医療も大きな進歩をとげました。

 

この時期に日本の歯科技術は大きな変格をして来ました。

 

そのごには、近年になって海外の優れた最先端であるインプラントや審美歯科などの分野も確立されてきました。
日本は第2次世界大戦がはじまった後は西欧からの技術導入が進みませんでしたので一時期には進歩に遅れが出ましたが、第二次世界大戦の終結と共に再び米国を中心にあらゆる面に於いて支援がなされて日本は奇跡的な発展を成し遂げることができたのです。

 

戦後しばらく日本はアメリカのGHQの指導のものに日本国憲法のも制定されて全ての過去の制度は作り直されました。

 

アメリカによる日本再生のための改革が行われる中で、病気に対する医師法も歯科医師法も医師法とは分離する形で決められました。

 

アメリカの発達した歯科技術に関する知識と先端技術もアメリカの専門家の指導が行われました。

 

戦後の復興期を無事に乗り切った日本は高度成長期に入りますが、昭和39年の東京オリンピックに続いて昭和45年の大阪万国博覧会が起爆剤になって、遂に世界2番位の経済大国までに成長するのです。

 

歯科業界も例外ではなく、アメリカの最先端の医療器具も導入されて、清潔で無痛治療やサービスの良さがある歯科医院へと変身してきました。 

 

現在では日本の歯科技術も欧米に引けをとらない所まで来ており、
虫歯や歯周病治療だけではなくインプラント歯科や審美歯科なども現れております。