ためになるカタログ

2014/04/15 14:55:15 | 独立支援・起業

飲食店を開業するにあたって利用する人が多いのは、「日本政策金融公庫」と、各自治体で用意されている金融公庫のふた通りが考えられます。

 

基本的にどちらを利用してもそれほど大きな差が生じるわけではありませんし、また、双方からの融資を利用する飲食店も珍しくはありません。

 

あとは、融資を利用する以上、問題となるのは「審査」ということになります。ここでは、これら公的融資の審査基準について触れてみたいと思います。

 

銀行にしろノンバンク系金融機関にしろ、審査基準の最大のポイントは、「返済能力」と「返済意思」のふたつです。

 

お金を返したくても返すことができない経済状況、就業状況にある人にはお金を貸すわけにはいきませんし、また、返そうという気持ちを持っていない人に貸すわけにもいきません。

 

 

融資の利用を有利に進めるためには、一番手っ取り早いのが、「担保」をつけてしまうことです。

 

ただ、現実問題、それができる人は実際にはひと握りに過ぎないと言えてしまいます。また、自己資金がどれだけあるのかということについても審査されます。

 

そして、この自己資金がどのようにして得られたのかというところを審査されることになります。そのため、「年収」が審査基準の大きな比重を占めることになります。

 

これらによって、「返済能力」を審査するのです。

 

飲食店開業 支援 資金ならTBI JAPAN

 

それに対し、返済意思に関しては、現在および過去の融資の有無をチェックします。そして、そのときの返済状況がどうだったかということについて調べます。滞納や遅延の記録があると、信用情報の評価は下がります。

2013/09/10 18:07:10 | 整体・マッサージ

 遅かれ早かれ、人はいずれ死を迎えることになるわけですが、だからと言って、たとえばケガや病気になったら、これを改善しなければ、いずれ生活に支障をきたすことになることは間違いありません。したがって、死ぬか生きるかに無関係に、どこかに疾患をきたした場合、これを改善する必要が生じるわけです。

 

 ところが、症状を改善すべく、お医者さんに治療をしてもらうことになるわけですが、しかし、我が国でいう「お医者さん」というのは、一般的には「西洋医学における医師」ということになり、とすると、症状を改善するために必要なことは、「患部を改善する」という、まあこれは当然と言えば当然である治療をほどこすわけです。

 

 しかし実際問題、いくら患部を治療しても、その部分がひとつも改善しない、あるいは、改善したとしても別の部位が今度は異常をきたすということになってしまうと、西洋医学の範囲では非常に「難しい病気」ということになってしまうわけです。たとえば、生活習慣病の中でももっとも恐ろしいとされている「がん」などは、その典型とも言えるでしょう。

 

 しかし、よくよく考えてみれば、カゼなどをはじめとする「比較的簡単に治りやすい病気」というのは、ウイルスや細菌など、外部から感染するタイプの病気が多く、そういうものには西洋医学はめっぽう強いと言えます。しかし逆に、もともと自分の身体に含まれる物質によって症状が発症するタイプの病気は、西洋医学にとって弱点となることも多いです。

 

 そこで「東洋医学」の考え方が有効になるわけですが、その代表的なものが、「漢方薬」と「整体」ということになるのです。

 

トリガーポイント あおいカイロプラクティックで治しましょう!